リックのあゆみ
リックは創業明治17年。当時からの歴史をご紹介します。

リックの歴史は、
日本のインテリアの歴史。
そのあゆみは
“開拓”と“工夫”に
彩られています。
明治17年(1884年)
亀井株式会社ロゴ

大阪市に舶来毛織物、西洋風窓掛(カーテン)、壁紙、敷物などの西洋室内装飾品と洋家具類を扱う輸入販売・施工業の「亀井商店」を創業。一年前には「鹿鳴館」が完成し、西洋化に拍車がかかる。当時は官公庁からの注文がほとんど。明治24、5年頃に英、独、仏から輸入した西洋風窓掛(カーテン)は、亀井商店が初めて販売した。(亀井株式会社)

大正3年(1914年)

大正3年に第一次世界大戦が勃発。戦争の影響で輸入品の入荷が難しくなるのと時を同じくして、製品の国産化が進み織機で生産した装飾織物・機械織りパイル織物・シャガード織・リノリウムなどが次々に登場。 大正12年の関東大震災以降、復興が進む中で室内の洋風化が流行し民間の需要が大きく伸びる。

昭和9年(1934年)

宮内省(現宮内庁)、大蔵省(現財務省)、逓信省(旧郵政省)、日本銀行などの諸官庁に出入りの“御用達”となるため東京店を開設。これに加えて白木屋や高島屋といった大手の百貨店との取引も始まり、内装工事職人は和式の兼業・副業的な仕事から専門技能職化し工事部門も拡大する。(亀井株式会社)

昭和12年(1937年)

初のオリジナルブランド「窓美人」の登録商標を出願。(亀井株式会社)

昭和29年(1954年)

東京銀座に東工株式会社を創立。昭和30年代よりカーペット、カーテン、ブラインド等の販売を開始。
設立10年で東リ製品の販売高日本一となる。
(東工株式会社)

昭和40年代以降

福岡、東京、高松、岡山に営業所を開設。大阪ビニール卸団地に新社屋を竣工。商品センター、大阪本社、大阪営業所を移転する。(松井甚株式会社)
本社を港区芝琴平町に移転。大阪営業所、厚木営業所、千葉営業所、埼玉営業所を設立。(東工株式会社)

昭和16年(1941年)

大阪市にて松井甚商店を設立。その後、株式会社松井甚商店に商号変更し、福岡出張所を開設。(松井甚株式会社)

昭和34年(1959年)

戦後初となるオリジナルカーテンブランド“シャレード”を自社商標として登録。その後オードリーヘップバーン主演映画「シャレード」が上映され一躍名前が広まる。(亀井株式会社)

昭和41年(1966年)

昭和41年から景気が急速に回復。着々と大阪万国博覧会の準備が進行。電気通信館・ガス館・ニュージーランド館の建物内装を手掛ける。会場メインゲートの床張り工事も担当し、開会式当日の朝6時まで徹夜の作業を続け間に合わせた。
このときわが国で初めてタイルカーペット(ヒューガカーペット)を使い施工。大阪万博ではメーカー各社の新しい敷物・床材がいろいろ試用され、業界に刺激を与えて全体を底上げする波及効果をもたらした。
その後にオイルショックなどもあったが、建築ブームにより室内装飾が「インテリア」と呼ばれ一般の関心も高まった。(亀井株式会社)

昭和50年代以降

本社を虎ノ門に移転。静岡、八王子、名古屋、横浜、神戸、仙台、京都などの営業所を次々と開設。昭和59年に設立30周年を迎える。(東工株式会社)

昭和60年代以降

東京城北営業所、城西、京都、三重、大分営業所を開設。平成3年には設立50周年記念式典を挙行。(松井甚株式会社)
大阪第三営業所、岡山営業所、高崎営業所を設立。(東工株式会社)

昭和60年(1985年)

大阪心斎橋にLIC心斎橋をオープン、一般消費者と業者をつなぐインテリアプラザとして、また得意先や仕入先のパイロットショップとして機能し、後にインテリアコーディネーターサロンとなる。(亀井株式会社)

平成5年(1993年)

創業110周年を迎え、記念式典を挙行。

平成10年(1998年)

組織を東北、北関東、東京、南関東、中部、近畿の5ブロック制に変更。(東工株式会社)

平成11年(1999年)

亀井株式会社、松井甚株式会社、東工株式会社の
3社が合併し、リック株式会社となりました。
平成14年(2002年)

情報誌『わくわくリック』創刊。
オリジナルカタログ『SEL』発刊。

平成15年(2003年)

東リ株式会社の100%子会社となり、翌年には技能士の労災保険加入や安定した仕事の供給を目指した安全協力会を発足。

平成17年(2005年)

「リックオンラインサイト」を開設。
オリジナルデザインの壁装材『グラフ・ウォール』発売開始。

平成19年(2007年)

メールマガジン『リックわくわくメール』配信スタート。

平成20年(2008年)

環境への取り組み『チーム・マイナス6%』参加。

設立10周年記念事業として全国で展示会「感動体感リックフェア2008〜来て・見て・感じて〜」を開催。「JAPANTEX2008」に出展。

平成22年(2010年)

お得意先様向けに「楽らくお買い上げ明細サービス」をスタート。

東京、関東、中部、近畿ブロック(東京、横浜、名古屋、大阪)に住設営業所を新設。

リックオリジナルカタログ『グラフィックコレクション』を発刊。

平成23年(2011年)

「インテリア製品総合商社」から「インテリアと住設・建材総合商社」への転換を推進。

インテリア・内装資材商品検索サイト「ストアハウス」のサービスを開始。

平成24年(2012年)

東京に建装営業部を新設し、建装第一営業所と建装第二営業所を東京ブロックより編入。

ペットリフォーム商品を提案する「ペットにやさしい住まいづくり」サイトをオープン。

平成25年(2013年)

お客様へのサービス向上と業務効率化の取組みのため、全営業員にiPad miniを導入。

平成26年(2014年)

創業130周年(リック設立15周年)。
「お客さまの笑顔をつないで」をコンセプトに感謝の気持ちを込めて特別企画を実施。

平成27年(2015年)

東京ブロックを東京第一、東京第二、東京第三、東京住設営業所の4営業所体制に再編。

特販事業部東京特販営業所を建装営業部に編入。

コンシューマ事業部を新設。