リックレポート
役立つこと、面白いこと、使ってみたいモノなど、LICの社員がカラダを張ってレポートします。

JAPANTEX 2016〜リックも出展!ビシッと?ご報告させていただきます【後編】

メーカー名 : その他
商品名 : JAPANTEX 2016視察レポート 【後編】

参考になった (3)

 
※iPhoneやiPadなどのタブレット端末によっては画像やBooklet Collection<電子カタログ>
 に不具合が生じるおそれがあります。ご了承下さい。画像は先方の了解の上、撮影・公開させて
 いただいています。



第35回JAPANTEX2016 視察レポート 」【前編】 に続き【後編】です。




【東リ】○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

東リが培ってきた技術・品質と、未来に向けた創造性を合わせたシーン展示がされていました。
一歩先のサロン空間をスタイル別に表現しました。

左図:入って正面に、おおきな壁面へ展示されていた、リヨン織物美術館のファブリックを使ったカーテン展示。
右図:ひときわ目を引いた「フューチャーミックススタイル」に床から壁にかけて展示されていた「メイオリカ」。




東リの展開するコンセプトの「ジャパンスタイル」の展示。

各地で育まれた素材を塩ビタイルのデザインに落とし込んだシリーズです。

>>詳しくはコチラをご確認ください。



【立川ブラインド工業】○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


新製品を中心に、シーン別で様々な商品が展示されていました。
体感型ブースを多く用意されていたのが印象的でした。

「RDS機能(減速降下機能)」を搭載した「パーフェクトシルキー」が一押しとの事。



今までのブラインドは手を放してしまうと勢いよく降りてしまいましたが、RDS機能を搭載していれば、操作コードから手を放してもゆっくりと降りるので、安心・安全。






ロールスクリーンの生地をデザインや文字で切り抜く「デザインカット」も好評でした。


カフェや雑貨屋をはじめ、店舗の窓装飾や看板など、ロールスクリーンを広告媒体としてもご活用いただけます。



【ニチベイ】○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


N次元のNはもちろん「ニチベイ」のN・・・だけでなく「新しい=New」のN。
デザインスタイルや、環境への配慮・安全性の追求など新しい試みを感じる華やかな展示でした。






人気の「トレンドコレクション」シリーズのロールスクリーンの前で、ニチベイさんもさわやかな笑顔。
2016年10月に新発売された、ベルト式電動カーテンレール「ジャスティ60」が展示されていました。強靭でしなやかなベルト方式を採用し、最大カーテン重量60圓泙蚤弍できるパワフル設計との事。重厚な暗幕生地も軽やかに操作することができます。さらに、静音DCモーターの採用で静音性にも優れ、ホテル、会議ホール、体育館など多様なニーズに対応可能です。



【トーソー】○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


1949年に設立しカーテンレールをメインに展開しているトーソー。
そして、1966年に「エリート」が登場して50年が経ちました。
ブースでは、大きくトーソーの歩みが当時の製品紹介と共に展示されていました。

ご来場者様は皆さん、熱心に製品をチェックしていたのが印象的でした。
調光スクリーンビジックに、プリントシリーズが新登場しました。
写真は左があじさいをモチーフにしたフラワー。右が伝統的なダマスク柄をビジックに落とし込むことにより、新しい解釈のデザインに生まれ変わりました。






バーチカルブラインド「デュアルシェイプ」に4種類のスタイルが追加しました。



○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


その他様々なブースが展示されていました。リックのブースにつきっきりであまりまわれなかったのですが、
目を引いたブースをピックアップしてご紹介させていただきます。


【アシスト】




螺旋階段をイメージ?したような階段がどーんと展示。インパクト大です!
なぜか見たときになんかハリーポッターみたいだと思ったのは僕だけでしょうか。
(何がといわれると自分でもよくわからないのですが・・)



【大阪カーテン技術会】

特に目を引いたのが「大阪カーテン技術会」のブース。

窓装飾プランナーのデザインカーテン展示のほか、縫製界のレジェンドが集合し、
ファブリックスをカタチにする縫製職人たちによるカーテンデコレーションと
卓越した縫製技術のLIVE競演を行っておりました。


スワッグバランスの展示がどどーんと展示!
バイアスで生地を使わないと、丸い所に角がたってしまう例。


こちらは窓装飾プランナーから応募つのった中から選ばれた3点の展示♪






個性的なフラットバランスが素敵な、
船木千里さんのデザイン。





ふわふわしたタッセルが個性的な、
虎岩沙緒里さんのデザイン。





カラフルなリボンが鮮やかな、こちらは
鈴木孝子さんのデザイン。

現場にミシンを持ち込み、その場で縫うという、「縫製ライブ」。
会場のみなさんといっしょに「へー」とか「ほー」とかいいつつ、拝見させていただきました。
会場ではアンコールもあったようです。
見たくても、なかなか実際の縫製は見れないので大変勉強になりました。



【インテリアコーディネーターの方々の作品展示ブース】

こちらはインテリアコーディネーターの作品がズラッと並んでおりました。

センスの塊といった作品郡。ディテールも繊細に作られており、しばらくの間目を奪われておりました。



○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


盛りだくさんの展示会を終え、会場を出るともう外は真っ暗。

しかし軽快な音楽が流れており、東京ビックサイトを見上げる人たちがちらほら

彼らが見つめる方向を見てみると・・・







なんとっ!!プロジェクションマッピングをやっておりましたよおおおおおおすげええええええ!!!!!


二つの逆三角形をしているそんな個性的な建物を利用して、目をパチクリさせたり
盆踊りしてたりサンバダンサーが腰振ってたりと、なかなかイカしておりました。






もともと超合金のような形だけに、本当にロボットになってしまうのでは心配になりました。


ビッグサイトでは不定期でプロジェクションマッピングに投影を行っているようなのでまだ見られていない方は要チェックです。


インテリアの面白さやデザインの素晴らしさに引き込まれ、さらに各メーカーや開発担当者の思いが詰まった、とても見ごたえのあるJAPANTEXでした。来年も楽しみです。






記:スギザイル





◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆



 ◆お見積りや資料・カタログ請求等のお問合せは弊社担当営業までご連絡く
   ださい。まだお取引のないお客様はこちらからお問い合わせください。

 ◆新規お取り引きをご希望のお客様は、こちらからお問い合わせください。

 ◆この他にも、リックでは様々なメーカーの商品を取り扱っています。
   詳しくはこちらをご確認下さい。




  リック株式会社について

  当社は、東リをはじめとする700社に及ぶ仕入先様からお客様のニーズにあった商品をご提案いたして
  おります。内装仕上材はもとより建材や住宅設備製品、エクステリアなど、インテリアと住設・建材の総合
  商社として全国の営業拠点から、快適で安全な生活空間と環境づくりをサポートします。

参考になった (3)

前の記事へ
ミヅシマ工業 京都工場で環境美化のパイオニアたる所以を垣間見た!!
次の記事へ
JAPANTEX 2016〜リックも出展!ビシッと?ご報告させていただきます【前編】
営業カレンダー