チタンガード21 TOPページへ
 

チタンガード21:施工現場事例集

福島県 安藤邸さま (一般住宅)
「わくわくリック」2006年5月号記載
施工店 エムズプラントリム
所在地 福島県
担当営業所 郡山営業所
施工箇所 浴室(ユニットバス)、外部サッシガラス
施工目的 防カビ、防汚
施工日 2006年1月

今回ご紹介する物件を施工した加盟店さまは、福島のインテリアマツヨシさんです。マツヨシさんは積極的に実験やデモ施工など取り組んでおり、またその模様はご自身のブログでも公開しております。
今回施工した物件は浴室に生えたカビに悩む住宅のコーティング施工です。


 お客様は酸化チタンコーティングの事はテレビを通じて既に知っておられた様子でした。マツヨシさんでもチタンコーティングを始めたことを伝えると、「カビが目立ってきてカビ取りの回数が年々増えてきた。カビに効くならぜひ・・」という事で施工してほしいとの依頼。
 実際現場を見てみると、浴室はカビがひどくブラインドまでカビが生えている状況でした。カビ防止と、汚れ防止が目的でチタンガード21をコーティングします。浴室の場合はコーティング前に下地処理が大切になります。カビ・水垢・鏡の水垢(うろこ)を落とすのがチタンコーティングするよりもとても大変な仕事です。始めはなかなか落とす事が出来ず大変苦労しましたが、今はほとんど落とす事は可能になりました。鏡がピカピカになるだけでもお客様に喜んで頂けます。その後もカビの発生もなくなりました。
 次は外部ガラスの依頼です。ガラス施工の目的はセルフクリーニングになります。ガラスも下地処理をしっかりやらないと水溶液が弾いたりムラになりやすいので注意が必要です。施工後は、浴室のガラスが汚れにくくなり、また付いた汚れも落ちやすくメンテナンスが楽になったと喜んで頂けました。
 お客様も一度チタンコーティングの効果を知ると他も施工したくなるようです。
鏡コーティング風景
コーティングした浴室
建物外観