チタンガード21 TOPページへ
 

チタンガード21:光触媒のメカニズム

光触媒酸化チタン”チタンガード21”のすぐれた性能である『酸化分解作用』と『超親水作用』。 そのメカニズムをご説明いたします。

■チタンガード21:酸化分解作用


酸化チタン(TiO2)に光(紫外線)を照射することで、OH(ヒドロキシラジカル)やO2-(スーパーオキサイドアニオン)などの活性酸素を生成させます。これら活性酸素は反応性が非常に高く、塩素や過酸化水素・オゾンなどよりも強い消毒・抗菌能力を発揮。有害な揮発性有機化合物(VOC)や臭気成分などを酸化分解し、無害化します。

■チタンガード21:超親水作用


酸化チタンは、紫外線を受ける事で表面に親水基(OH-)を作ります。この親水基は、水との接触角を限りなく0°に近付け、表面をほとんど水を弾かせない状態(超親水)にします。その結果、汚れの付着を防いだり、雨や水などの汚れの下に潜り込んで浮き上がらせ、洗い流す効果を発揮します。(=セルフクリーニング効果)。