チタンガード21 TOPページへ
 

チタンガード21:特長と効果

*試験データ:抗菌

抗菌力評価試験

・試験方法:光照射フィルム密着法(明条件)

「抗菌製品技術協議会の光照射フィルム密着法」に従い、供試片の表面に1/500普通ブイヨン調製した菌液を滴下し、フィルムで密着させ20℃〜25℃で蛍光灯を照射しながら(照度約5500lx・照射距離約10cm)保存。測定は供試片上の菌液について生菌数を測定した。


使用培地: 普通ブイヨン(栄研)
標準寒天培地(栄研)

 

試験機関:(社)京都微生物研究所
試験番号:No.8069-8070・No.8115-8116

●大腸菌試験(初期条件:菌数1.1×105CFU/枚)

検体【1】チタンガード21 空試験

●黄色ブドウ球菌試験(初期条件:菌数1.5×105CFU/枚)
検体【1】チタンガード21 空試験

●MRSA試験(初期条件:菌数1.5×105CFU/枚)
検体【1】チタンガード21 空試験