通年採用社員座談会

リックには中途入社の社員も数多く活躍しています。
そのなかから、ここでは他業界から転職してきた二人の営業社員が登場。
転職先としてリックを選んだ理由から仕事内容、今後の目標などを語ってもらいます。

MEMBER

社員紹介


  • 木原 達雄

    大阪第3営業所
    2009年入社

    気さくで明るいキャラの持ち主としてお客様から親しまれている人気営業。面倒見のいい先輩として後輩たちからも慕われている。補佐役として数字管理をメインに担当。社員たちのモチベーションを引き出す手腕には定評がある。

  • 松元 隆一

    大阪住設営業所 主事
    2007年入社

    トップセールスとしてベスト10入りし、表彰されること実に15回。顧客からの信頼も厚く、新規開拓にも意欲的に取り組んでいる。

THEME01

リックを選んだ理由


人間関係がものを言うルートセールスに魅力を感じて
人間関係がものを言う
ルートセールスに魅力を感じて

? リックに転職したのはなぜだったのでしょうか?

松元/私は以前、アパレル業界で働いていました。若い人向けのブランドのショップで販売に携わっていて、それなりのやりがいを得ていたのですが、将来的なことを考えると、ずっとこの仕事を続けるのは難しいな…と思ったのが転職を考えたきっかけです。
転職にあたって情報を集めるなかで出会ったのがリック。「インテリア商社のルートセールス」という点でまず魅力を感じましたね。ショップの仕事は基本「一期一会」です。でもルートセールスは、同じお客様と長くつきあっていく仕事。信頼関係がものをいう世界です。そこにやりがいの予感を覚えました。

木原/私の場合は前職が不動産業界。そこで営業の仕事に就いていました。自分で言うのもなんですが(笑)、営業スキルには自信があったので「営業だったらどこに行っても通用する」とは思っていました。
そのなかでリックを選んだのは、インテリアが好きだったということが大きな理由ですね。自分が好きな商材ならいろいろと工夫しながら仕事に取り組めますし、提案営業の面白さもそのぶん味わえると思いました。

THEME02

仕事内容とやりがい


お客様の期待・信頼にとことん応えることが大切
お客様の期待・信頼に
とことん応えることが大切

? 現在の仕事内容を教えてください。

松元/私はインテリア製品ではなく、主に住設機器や建築資材全般を扱っています。例えばキッチンやユニットバス、フローリング材、ドアといったものですね。お客様は工務店やリフォーム店。従来のリックのお客様である内装工事店とはまた異なる顧客層となります。こうしたお客様に対して、ニーズをうかがった上で最適な商材を提案していくのが私の仕事ですね。

木原/私が扱っているのは、インテリア関連がメイン。松元さんと同じようにお客様のご要望に対して、それにピッタリの商材をご案内する提案営業です。私たちの仕事で大切なのは「人間関係」。競合他社に負けないためにも、お客様から信頼される存在にならなければなりません。
そのためにはご要望に対してスピーディーかつ正確に対応する必要がありますが、それだけではなく、ときには一緒に飲みに行ったり、休日はともにスポーツを楽しんだりと、そういう交流も大切ですね。私は人付き合いが好きなので、こうした営業スタイルが個人的に気に入っています。もちろん営業スタイルは人それぞれですが。

THEME03

今後の目標


事業を育てる、部下を育てる、それぞれに夢がある
事業を育てる、部下を育てる、
それぞれに夢がある

? 今後の目標は何ですか?

松元/私が所属する大阪住設営業所は5年ほど前に新設された部署。実は「ビジネスチャンスを広げるためにも住設機器を取り扱いたい」と言い出したのが私で、それをきっかけにこの営業所ができました。
そういう経緯もあるため、これからの目標としては住設部門であるこの営業所をどんどん大きくしていくことですね。規模的にも売上的にも。さらに言えば、全国的に拠点展開できるまでにこの事業を育てていきたいと思っています。幸いなことにお客様からは一定の評価をいただいているので、その信頼に応えながら頑張っていきたいと思います。

木原/いま私は役職はありませんが、リーダー、所長、ブロック長、そして経営幹部と上を目指していきたいですね。会社のなかで存在感を高めていくことは自身の成長にもつながりますし、仕事もますます楽しくなっていくと思います。
それにプラスして、後輩・部下たちの育成にも努めていきたいですね。自分の持っている営業スキルを教えながら、より大きなやりがいが味わえるようにサポートしていければ、と考えています。