JOB

仕事を知る

ABOUT LIC

リックの仕事


信頼を受け継ぎ、高めていく姿勢が
「リック流仕事スタイル」
信頼を受け継ぎ、高めていく姿勢が「リック流仕事スタイル」

仕事や商品の流れと人の関わり


私たちリックにとってメインとなるお客様は、インテリア・内装関連の工事を手がける業者の方たち。たとえば、壁紙や床材、カーテン・ブラインドなど窓関連の資材を扱う工事店の方々が中心となります。いわゆる「B to B」のビジネスで、法人あるいは個人事業主がお客様です。

こうしたお客様に提案型ルート営業をおこなうのがリックの役割。お客様が手がけるインテリア・内装工事の内容をうかがい、もっとも適した商品を提案していきます。また、必要に応じて施工のサポートもおこなうなどキメの細かい対応もおこなっています。

スタイルとしてはルート営業なので、すでにお取り引きのあるお客様に提案していくケースが大半。ここで大切なのは、提案力もそうですが、信頼の人間関係を築き上げることです。お客様のほとんどが「この担当者なら安心して任せられる」と思った相手に商品を発注します。その「安心できる担当者」として認められることがリックの仕事には欠かせないのです。

その安心につながる要素にはさまざまなものがあります。たとえば、取り扱い商品の幅広さや精度の高い提案、そして問い合わせ等に対するスピーディーで真摯な対応。さらに言えば、明るい笑顔や元気な挨拶、熱心さ、粘り強さといったパーソナリティに関わることもお客様に安心していただく要素となります。

ただ単に商品を売るのではなく、お客様から信頼を寄せられ、期待を持っていただけること。ひいてはリックの、そして担当者のファンとなっていただくこと。そこまで考えながら日々の業務に取り組むことが「リック流仕事スタイル」と言ってもいいでしょう。

「インテリアと住設・建材の総合商社」としてリックは業界で確固たるポジションを獲得しています。新しい人材のみなさんには、お客様からの信頼を受け継ぎ、さらに高めていっていただきたいと考えています。