チタンガード21 TOPページへ
 

チタンガード21:施工現場事例集

大阪市 企画・製作会社 (株)大伸社さま
「わくわくリック」2005年11月号記載
施工店 株式会社 サワベ
所在地 大阪府
施工箇所 会議室、喫煙室
施工目的 消臭、汚れ防止
施工日 9月3〜5日

チタンガードコーティングした物件はオフィスの会議室と喫煙所。まずお施主様に目的、使用状況などを打ち合わせいたしました。
お施主様の悩みはタバコの臭いと天井・カベについたヤニ汚れ。当然のごとく喫煙所はタバコのヤニでまっ黄色なのでコーティング前に天井、カベの塗装の塗り替えをご提案いたしました。
 (チタンガードは塗布しても既存の汚れは落ちません。塗布前の下処理が重要になってきます。)
会議室は今は禁煙ですが、それ以前のニコチンの汚れが付着しており、それも丁寧に清掃作業を行いました。
次に光量(紫外線)の問題、光触媒は紫外線(太陽の光)がないと分解作用がありませんので紫外線量は確保しなくてはなりません。会議室は窓が大きく取られており問題なし。喫煙所は太陽の光があまり差し込まず、部屋の使用頻度と比べ蛍光灯から発する紫外線量が少ないと判断し、蛍光灯の一部をブラックライトに交換し蛍光灯との併用を提案いたしました。
 チタンガード21のコーティングは天井、カベ、ブラインドに行いました。
塗布する前に汚れた天井、カベを塗り替えることで部屋が明るくなり、光を多く入れることで
光触媒効果も十分に期待でき、心地よい空間が創れることと思います。
コーティング前の清掃
会議室カベのコーティング写真
会議室天井のコーティング写真
喫煙室照明ブラックライト取付け