チタンガード21 TOPページへ
 

チタンガード21:特長と効果

 
*安全性
人体にまったく無害です。
水と酸化チタンだけでできたチタンガード21 酸化チタンは食品添加物として認められており、歯磨き粉やホワイトチョコレート、石鹸、化粧品などに 幅広く用いられている安全な物質ですこの酸化チタンと水のみが成分の『チタンガード21』 は、住まい のあらゆるところに安心してお使いいただけます。
*低コストと作業性
短時間で手間なく仕上げ、メンテナンスの費用を大幅に削減します。
室内では窓から降り注ぐ太陽や蛍光灯の紫外線により、付着した臭いや汚れを分解。室外では超親水性 作用により、雨や水などで汚れを剥がし落とします。定期的なメンテナンスはほとんど必要なく、ランニング コストの面でも有利です。 また、自然乾燥で塗装面にしっかり密着するので、作業も簡単でスピーディ、日常生活への支障は最小限に抑えることができます。
*既存建物へのコーティングが可能
既存建物へそのままコーティング塗装OK
室内・室外を問わず、既存の建物へのコーティングが可能です。無色透明ですので、外観を損なうこともありません。耐熱性のない材料や熱処理できない部分にも対応します。またチタンガード21は中性(pH7.0) ですので、酸や薬品に弱い金属・プラスチックなどへのコーティングにも効果を発揮します。
*信頼性
サガンコート(左)
佐賀県発のペルオキソチタン系コーティング剤は、光触媒材料として数多くの分野で幅広く用途が進められています。利用範囲が広がるにつれ、ユーザー間で用途開発に関する可能な情報の共有希望が高まりました。そこで、用途開発企業有志の掛け声により、私的団体として平成平成14年4月にサガンコート研究会が発足いたしました。現在約70社の参加企業団体により定期研究会のほか各種展示会による技術交流等をおこなっております。もちろん当社も加盟いたしております。
PIAJマーク(右)
PIAJマークとは、光触媒工業会が、性能・利用方法等が適切であることを認めた光触媒製品に与える認証マークです。
光触媒性能を測る物差しをしてJIS試験方法を採用し定められた性能基準を満足した光触媒製品のみ付与されます。