いままでも、そしてこれからも。
リックはチャレンジを続けていきます。
いままでも、そしてこれからも。リックはチャレンジを続けていきます。

歴史と信頼と実績

私たちリックが誕生したのは1999年。インテリア製品の卸商社3社の合併によって新たなスタートを迎えました。合併した3社にはそれぞれの歴史があり、最も古い創業年としては1884年(明治17年)にまでさかのぼることができます。長い歴史のなかで3社が築き上げてきた信頼と実績はいまのリックにしっかりと受け継がれ、インテリアと住設・建材の総合商社としての強みになっています。


多彩な商品と高いシェア

リックはインテリア製品から住宅設備建材まで多彩な商品を取り扱っていますが、特に高いシェアを誇っているのが塩ビ床材。国内市場の20%以上を当社が扱っており、トップクラスの実績を築き上げています。また、販売先は15,000社以上にのぼり、取引メーカーも700社以上。商品を販売するだけではなく「リック安全協力会」として1,000名以上の会員を有する全国規模の施工ネットワーク体制も確立。施工のサポートもおこなっています。


新たな市場へ挑む

そんな当社が今後取り組んでいくのは3つの市場へのチャレンジ。その3つとは「住宅ストック市場」「ホームセンター市場」「eコマース市場」です。中古物件やリフォームなど住宅ストック市場の活性化は国も力を入れていることもあって、今後大きな伸びが期待できます。当社としてはそうしたニーズにいち早く対応していく考えです。
一方で、ホームセンター市場の開拓にも積極的に取り組んでいきます。ホームセンター業界は競争が激化しており、各店舗の独自性が求められている状況。そこにリックの提案力が活かせると考えています。たとえばプロのニーズを満たす売り場提案や一般ユーザーにDIYの楽しみを伝える店づくりの提案といったものです。
一般ユーザーについてはeコマース市場へのチャレンジとも関わってきます。これまでのコア事業(インテリア事業)で培ってきた商品提案力をベースにリックのオリジナル商品を開発していくなど新たな展開を進めているところです。

130年以上の歴史のなかで常にチャレンジを続けてきたリック。
これまでと同じようにこれからも、
私たちは確かな足取りで前進していきたいと考えています。
130年以上の歴史のなかで
常にチャレンジを続けてきたリック。
これまでと同じようにこれからも、
私たちは確かな足取りで
前進していきたいと考えています。