MENU

トピックス Topics

新商品情報や、注目情報をいち早くお伝えします。

リニューアル!「東リ東京ショールーム」視察レポート

メーカー名 : 東リ(株)
商品名 : 「東リショールーム」視察レポート

参考になった (6)


新製品のコンセプトは
「Design Future Lifestyle」〜未来のライフスタイルをデザインする〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の休日、自宅近所の飲食店で改修工事が行われていました。「今度一杯行ってみよかな」などと思いながらプライベートモード満載で通り過ぎようとした時、ふいにドドンと積まれた施工中の東リタイルカーペットの箱を目の当たりにしました!「うおっ!実際に私の近い未来のライフスタイルもデザインしているのか!!」と、このコンセプトをグッと身近に感じました。だから何なのかは置いといて、そんな気持ちで、新製品の展示にリニューアルされた東リ 東京ショールームへお伺いしてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


東京ショールームに入ると、まず、目を引いたのが受付手前の床に敷かれていた、2021年に発売の1000×1000mmサイズの 大判タイルカーペット「グランフロー GX6150L」。 「グランフロー」はその大きさとダイナミックなデザインから空間に広がりを演出します。製作には「マーブリング技法」と言われる技術が使われており、雄大な流れが表現されている製品です。2022年の新製品はご来場者にじっくり見ていただけるように、左右の打ち合わせスペース周辺に敷かれていました。お伺いした際も、ショールーム内では多くの施主様やインテリアコーディネーターの方などが、真剣に製品を選んでみえました。※ショールームスタッフの方々、お忙しい中ご協力ありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【LVT】Luxury Vinyl Tile

印刷フィルムとエンボスによる、高度な意匠表現を実現する複層ビニル床タイルで、ロイヤルストーンやロイヤルウッド、ルースレイタイルなどを有するのが「LVT」シリーズです。

【写真1】

【写真2】

【写真1】多くのご来場者様から好評をいただくのが、ロイヤルストーンの同柄同色の異サイズ。【写真2】コーディネートの幅が広がるロイヤルストーンとロイヤルウッドの同色展開はワンランク上の合わせ方が可能。

【写真3】左よりPST3023/キヴィ
PST3022/ヤルヴィ

【写真4】PST3024/クルヴェ

【写真5】左よりTTN3220/サーフグリッド
GA36307/カームホライズン

【写真3】爽やかでかわいらしいドット柄の「キヴィ」と「ヤルヴィ」。 【写真4】300角で大きなデザインモチーフをランダムにカットした遊び心のあるタイル「クルヴェ」。 ショールームスタッフの方曰く、「大柄ですが、モノトーンのため使いやすいデザインでおすすめです。」との事。 【写真5】ルースレイタイル「サーフグリッド」と、環境にやさしいGA-3600 サスティブバック「カームホライズン」。東リ社内では「石目のようなグレーに濃紺のタイルタイルカーペットがベストコーディネート」との事で採用をしたそう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【LCT】Luxury Calcium Carbonate Tile

自然由来の原料で素材を活かしたデザインの単層構造床タイルが「LCT」シリーズです。
ショールームには、自然由来の炭酸カルシウムを主成分としその素材感を活かした高い意匠性とノーワックス性能を付与して再定義した単層構造の床タイル「LTCシリーズ ダイナミックストーン」が一面に展示されている。偶然性を活かしたデザインは、同一品番ながらひとつとして同じ表情はない事が分かる。

【写真6】

サンプル帳画像より

【写真6】開発や制作過程などモノよりコトに対する想像力が膨らむ自然素材サンプル展示。このような展示によって、従来は主に店舗や施設への採用が多かった単層構造の床タイルだったが、今では住宅用の床として採用いただく事が多くなってきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【LHT】Luxury Hard Tile

ビニル床タイルとセラミックタイルの メリットを兼ね備えた、まったく新しい床材が「LHT」シリーズの「タフテックタイル」です。
LHTシリーズとしてラインアップされているのがビニル床タイルとセラミックタイルのメリットを兼ね備えた「タフテックタイル」。
表面層に、当製品のために開発された「タフコート」が施されており、高耐久で高い防汚性能を誇る。左の図は磁器タイルの試験結果。右は「タフテックタイル」の試験結果だが、厚みは3mmだが、割れることはなかった。
流行りのデザインである二辺目地の仕様となっており意匠性に加えて、下地の影響を受けにくく目地段差を吸収するため、優れた下地不陸隠蔽性を誇る。 従来のビニル床タイルと同等の厚みや重量でありながら高い機能性を実現する床タイルである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


-date-

東リ 東京ショールーム
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
東京デザインセンター4F
営業時間 10:00 〜 18:00
定休日 水曜日、祝日
(夏期休暇・年末年始・ゴールデンウィーク休業あり)
電話番号 03-5421-3711
予約不要で自由に見学いただけます。来場の際はマスク着用をお願いいたします。お子さまもマスク着用が必要です。スタッフのアドバイスを希望の方は、前日までに予約をお取りください。

この他地域のショールーム関してはこちら>>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余談です!建築も楽しめる東リ 東京ショールーム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


東リ 東京ショールームが入っている「東京デザインセンター(TDC)」は マリオ・ベリーニ(イタリア)の設計です。まず、建物に入ると贅沢に設けられた5層の吹抜大階段が目に飛び込んできます。(※1)最上部のエレベーターホール天頂部はガラスのドーム(クーポラ)で覆われており、最も特徴的な建築的要素の一つです。

(※3)

(※4)

ちなみに、エントランスホールの階段を登りきると最上部にミンモ・パラディノという方の馬の彫刻作品が置かれています。(※3)首の後ろについている「人間の頭」(※4)は、「生きとし生けるもの全ての中には精霊がこもっている」ことを表しているそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


設計:マリオ・ベリーニ

1935年、ミラノ生まれ。ミラノ工科大学で建築を学ぶ。 タイプライターで有名な、イタリアの「オリベッティ」をエットーレ・ソットサスと共に、 デザイン力で国際的な企業として成功させる。 その他にも、カッシーナやヴィトラで家具デザインの名作を生み出すなど、 イタリアのインダストリアルデザイン界の巨匠。 建築については50代になってから積極的に活動しており、建築家として遅咲きであったが、 今では世界各国で建築を手掛けており、現在も目覚ましい活躍を続けている。
◆−−−−−−−◆−−−−−−−◆−−−−−−−◆

お問合せは弊社担当営業までご連絡ください。 まだお取引のないお客様はこちらからお問い合わせください。

この他にも、リックでは様々なメーカーの商品を取り扱っています。詳しくはこちらをご確認下さい。
尚、製品の購入について、弊社はインテリアと住設・建材の商社・卸問屋のため、口座開設を行っているお得意先様(主に内装工事店様)への販売のみとなります。

リック株式会社について

当社は、東リをはじめとする700社に及ぶ仕入先様からお客様のニーズにあった商品をご提案いたしております。 内装仕上材はもとより建材や住宅設備製品、エクステリアなど、インテリアと住設・建材の総合商社として全国の営業拠点から、快適で安全な生活空間と環境づくりをサポートします。
前の記事へ
「ソフィー ガイドレールタイプ」モデルチェンジ・新柄発売
次の記事へ
「リフォーム産業フェア2022」視察レポート
お問い合わせフォーム新規取引をお考えの方へ